今できること

女性おひとりさまのための家族葬の基礎知識

新しく普及してきた家族葬儀

高齢化社会の影響を受けて近年、増加してきている家族葬があります。
女性のおひとりさまが増えてきたいま、家族葬について相談したいという高齢女性も多いのです。
家族、親族、故人の友人などが参列して内輪で行う葬儀です。
そのため、形式にとらわれないで行うことができるので、通常の葬儀に比べたらマナーはそこまでかしこまる必要はありません。
とはいえ、まったく無視していいわけでもありません。
むしろ、まだ一般化とはいえないの葬儀ですので、マナーに関しては難しい部分はあるかと思います。
では、マナーを紹介していきます。

家族葬でのマナーとは

まず参列者に関してですが、先述したように内輪で行うのが家族葬ですので、招待されない場合は参加は控えた方がいいでしょう。
亡くなった連絡は受けるかと思いますが、「ぜひ、参列してください」という相手の意向がない場合は出向く必要はありません。
故人を弔いたいという気持ちはあっても、そこは参列しないのがマナーです。
ただ弔電に関しては、送ったからといって失礼に当たるというようなことはないでしょう。
参列はできないが弔いたいという気持ちがあるのなら、弔電を送るのもありです。

服装や香典などは一般葬儀に準じる

さて、参列する方の場合だと服装や香典のマナーが心配ですが、服装に関しては通常の礼服が望ましいでしょう。
内輪の気楽な葬儀とはいえ、そこは葬儀ですので服装まで気楽ではいけません。
ちなみに平服で…という申し出を受けても、普段着でいいというわけではありません。
男性ならダークスーツに黒ネクタイ、女性なら黒もしくはグレーのスーツなど、黒を基調として礼服に近い格好の方がマナーです。
香典に関しては基本的に必要ないとされていますが、それでも包んでいかないわけにもいかないですよね。
ただ、もしも喪主が辞退したら、そのまま引いて構いません。
通常の葬儀と比べたら堅苦しさはないにしても、マナーは守りましょう。

おすすめコンテンツ

banner 私は20歳を過ぎてから、人の葬儀に初めて参列しました。 それは一緒に住んでいた祖父でした。

葬儀体験談

banner 近年、葬儀の形式にとらわれないことが増えてきました。

家族葬のポイント

banner 男性のみなさんは結婚相談所にサクラがいるのではないかと考えたことがある人が多いといいます。

結婚相談所について

Copyright(c) 2013 坪井葬祭リサーチ All Rights Reserved.