おひとりさまの新しい葬儀、家族葬のポイント

家族葬儀は新しい葬儀の形

近年、葬儀の形式にとらわれないことが増えてきました。
一般的には仏教形式で、故人と縁のあった方々に参列してもらって行うのが通常の形式です。
しかし日本人は本来、宗教観が強くありません。
日本で仏式の葬儀が行われるのは、葬儀と言えば仏教だろうという伝統による慣わしのようなものですので、宗教的観念を持って仏式での葬儀を行っている人は少ないのが現状です。
そういった背景もあり、最近では宗教形式や様式にはこだわらない様々な葬儀があります。

おひとりさまは家族葬がベスト

そんな中でもとりわけ注目されているのが家族葬でしょう。
内々だけで行う葬儀ですので、慌しくなく、故人との別れをゆっくりと過ごすことができます。
ただ、中には家族葬を密葬と混同して考えてしまっている人も少なくないようです。
様々な形式の葬儀があるので混乱してしまいますが、まったくの別物ですのでここで理解しておきましょう。

家族葬と密葬の違いとは

家族葬とは先述しましたが、家族を筆頭に内々で行う葬儀のことです。
そのほか二等親くらいまでの親族や、故人の友人や知人を招くこともあります。
その分、気兼ねなく、費用も最小限に抑えた葬儀を行うことが可能です。
故人や遺族の希望を生かして行えばいいですが、基本的には社会とのつながりが薄くなっているご高齢者の方に対して行う葬儀のようです。
参列してもらうのは一部の方のみですが、内緒で行うわけではないので、遺族(喪主)や故人にかかわりある各関係者の方には内々で葬儀を行うということを事前に報告をしておくのがマナーでしょう。
対する密葬ですが、こちらは諸々の理由から亡くなったことを公にしないで行う葬儀です。
まさに秘密のうちに行う葬儀ですね。
ごく内輪で通夜や葬儀を済ませて火葬まで行います。
その後、関係者の方を招いて本葬儀を行います。

Copyright(c) 2013 坪井葬祭リサーチ All Rights Reserved.